皆さんは「デンタルIQ」という言葉を耳にした事があるでしょうか。一般的に、IQと言えば知能指数の事を指しますよね。知能検査は幼児期の頃に行われている検査で、クイズ番組などでも時折目にしたりします。

しかし、「デンタルIQ」は知能ではなく、歯科についてどのくらい正しい知識を有しているか、お口の健康を大切にしているかどうかを問うものです。

つまり、歯やお口の健康に対する意識についての評価というわけですね。正しい知識を持ち、そしてお口の健康を守る為に努力している人ほど、このデンタルIQが高いという事になります。

「歯並びが悪い、出っ歯が多いのは日本人だ」。これは欧米人が言う、中国人と日本人の見分け方だと言われています。というのも、近年こそ歯を矯正して歯並びを良くしようという人は増えてきたように思いますが、とりわけアメリカでは歯並びが1つのステータスになっているのです。きれいな歯並びは社会的地位にも関係していると言っても過言ではないのです。

日本ではごく最近でも「八重歯はかわいい」と言われる場合があります。もちろんその考え方が間違っているというわけではありませんが、徐々にそういった考え方が変わってきたのは、矯正治療が導入され、歯科医師の地道な啓蒙活動があったからなのかもしれません。

「まず歯並びを見る」という芸能プロデューサーもいますし、噛み合わせを治した事で好成績を維持しているプロスポーツ選手もいます。このように芸能界やスポーツの世界では非常に関心の高い歯科意識ですが、日本全体で見ると、先進国でありながらデンタルIQはまだまだ低い国と言われているのです。

事実、他の先進国に比べ歯の悪い人はとても多い。そこで、ぜひ1度デンタルIQのチェックを行ってみて頂きたいのです。たとえ不正解であってもがっかりすることはありません。

大切なのは歯の健康に対する正確な知識を身につける事なのです。信頼できるかかりつけの歯科医師と共に、1本でも多くの歯を残し、いつまでも健康な口腔内を維持していきましょう。

健康な歯で毎日ハッピー!のトップへ