皆さんは歯科検診なので「プラークコントロール」などといったアドバイスを受けたことはありますか。「プラークコントロール」とは、お口のトラブルとなる虫歯や歯周病を予防するために、お口の中の菌・プラーク(歯垢)を毎日のデンタルケアで減らしましょうといったような考え方にを言うそうです。

実際に皆さんが毎日食後に歯磨きをしたり、デンタルフロスなどを利用して歯の隙間をきちんとクリーニングしたり常に口内環境を整えるためにお口のケアを行ったとしても、完全にお口の中から口内トラブルの原因ともなる菌やプラーク(歯垢)を追い出すことはできません。ですから何よりもお口のトラブルへの予防は、日々お口の中から菌・プラークなどを減らすためのデンタルケアを続けることが大切なのです。

菌やプラークすなわち「歯垢」が溜まりづらい生活習慣を心がけましょうとい心掛けを生活習慣のなかに根付かせることが、プラークコントロールの意味しているところでもあるようです。皆さんは「プラークコントロール」についてどうお考えでらっしゃいますか。プラークコントロールがうまく行われていないと、口内環境のバランスの悪化によって口臭が起こりやすくなるとも考えられているようです。さらには偏った食事バランス、睡眠不足なども口内環境のバランスを崩すくる原因になるとも言われております。

健康な歯で毎日ハッピー!のトップへ